節税したい方必見!
国税OB税理士の
タックスマネジメントできる
8つの処方箋

税理士に対してこんな不満はありませんか?

節税提案をしてくれない
税金の知識はあるが、原則通りで
節税提案をしてくれない

税務調査への対応が弱腰
税務署のいいなりで、
きちんと対応してくれない

連絡が遅い
質問に対する回答や
納税額の返答が遅い

経営知識がない
申告書・決算書の作成だけで、
将来に向けた経営のアドバイスがない

総合的なアドバイスがない
会社・個人・相続を総合的にみた
的確なアドバイスがない

税務以外の分野に弱い
助成金や融資、社会保険など
税務以外のことへのアドバイスがない

節税診断.COM 辻元税理士事務所が 選ばれる理由

当事務所は国が認定する「認定支援機関」です。
御社の持つ潜在力・底力を最大限に引き出します。

icon3

税務調査の結果が違う

税務調査において、どこが狙われているか、どのあたりが落としどころか、国税局で何度も表彰された調査官だったからこそ分かるノウハウがあります。税理士によって税務調査の結果は、数百万~数千万円の差が出ます。

icon21

節税対策の引出しの数が違う

税理士ならば、節税対策の一つや二つ知っているでしょう。しかし、それをどのタイミングでどれくらいするのか、具体的に知っている税理士は少ないのが現状です。税務調査官として「これは上手い節税対策だ」というものを多数経験してきたからこそ、そのノウハウを知り尽くしているのです。

icon14

経営のアドバイス力が違う

税理士は申告書を作ることだけが仕事ではありません。孤独になりがちな経営者に寄り添い、より良い方向へいざなうのも大切な仕事。補助金受給や労務管理にも通じているからこそ、ベストなアドバイスができるのです。

特別セミナー満員御礼!
当所代表の辻元と助成金のプロ・田中直才氏による特別セミナーが大阪・梅田で開催され、コロナ禍にも関わらず、多数の方にご参加いただきました。ありがとうございました。
次回セミナーは未定ですが、お楽しみにお待ちください。

セミナー満員御礼

辻元英税理士セミナーの様子

税理士プロフィール

辻元税理士プロフィール

辻元英(つじもとすぐる)
1967年生まれ、大阪府出身。

大学卒業後、大阪国税局に勤務。法人税の税務調査官として、キャリアを積む。霞が関において金融庁の金融検査官などを経験後、税務調査官の先生として税務署などに勤務。令和元年退職し、独立開業。その後、節税コンサル「節税診断.COM」を立ち上げるとともに、理念に共感する税理士が集まり、「国税OB税理士による税務調査対策グループ」を主宰。

詳しいプロフィールを見る


先生の選び方2021年evangelistバナー③-2
「先生の選び方」…代表税理士のインタビュー記事が掲載されています

辻元税理士事務所の目指すところ

GOAL

単なる記帳・集計屋ではない税務サービス

辻元税理士事務所は、記帳・集計をして申告書を作成して終わりといったサービスを目指していません。月次決算でいち早く現在の経営状況をお知らせし、経営のご相談に乗らせていただくとともに、タイムリーな節税対策をアドバイスさせていただきます。経営の羅針盤として、ご活用いただけるサービスを体感してください。

辻元税理士 クライアントに説明

分かりやすさを大切にしています

「会計のことはよく分からん」という方は多いですね。これは税法が複雑だったり、数字や計表の見方が分からなかったりするからです。辻元税理士事務所は、「なぜ、この処理をすることで節税になるのか。なぜ、このタイミングで行うことでスムーズに資金繰りが回るのか」といったことを解説しながら、経営の判断をバックアップさせていただきます。時間の経過とともに、経営や財務の知識が身につき、判断に自信が持てるようになります。

机の上のパソコン

経営のパートナーになります

税理士のお仕事は意外と幅広いです。税金のことだけではなく、従業員の雇用のこと、融資のこと、事業承継のこと…。
とは言え、これら全てができる税理士は多くありません。この得意分野が異なる専門家のネットワークをいかに構築できるかが税理士の肝と言えます。
辻元税理士事務所は節税と税務調査対策のプロ中のプロであるとともに、これらのネットワークをフル活用できる事務所です。

気になる顧問料など
気軽にご相談ください

記帳はどうしたらいいの?コミュニケーションの方法は?顧問料は?
税理士の変更はどうしたら?
など分からないことがあれば、
お気軽にお問合せください。

お問合せは気軽にこちらからどうぞ

国税OBの節税対策税理士が教える税金ノウハウQ&A

ノウハウQ&A一覧
  1. 電卓を持つ税理士

    失敗しない税理士の選び方★コロナ禍ではっきりした税理士の実力

  2. マイナンバーカードとキャッシュカード

    マイナンバーカードを作るべきか?

  3. 中国人 爆買い

    暗躍する中国人★消費税不正還付~吸い取られる消費税に税務署は…

  4. 青色申告と白色申告

    青色申告・白色申告 結局どっちが得よ?

  5. START

    開業届は絶対に出さないといけないのか?出さないとどうなる?

  6. 新幹線はやぶさ

    旅行して節税せよ~年200万円の現金を作ったノウハウ~

  7. テレワーク時のパソコンとコーヒー

    テレワーク費用が自腹!所得税は安くならないの?

  8. 個人事業の開業・廃業等届出書イメージ

    個人事業開業時にすべきことの新常識★知らないと大損する!

  9. 医療費のピース

    医療費控除でトクする裏技★へぇー!今まで知らなかった★令和2年分確定申告

  10. 確定申告会場

    コロナで申告も納税も待ってくれる!★令和2年分トクする確定申告

  11. 量販店のパソコン売り場

    少額資産をガンガン買って節税せよ!~決算直前でもできる節税策

  12. 金庫の中の現金

    相続税の税務調査を乗り切るノウハウ~税務署は見ています

  13. 虫眼鏡と電卓と紙幣

    「社長、机の中を見せてください」税務調査で現況調査を避ける方法

  14. マイホームと電卓

    家を売った時こそ節税せよ!令和2年分トクする確定申告~税理士が教えてくれない裏技

  15. ふるさと納税の返礼品

    株やFXで儲けたら、ふるさと納税をしまくれ!

  16. 電卓と社宅

    社宅で節税せよ!家賃相場の8割を経費にするノウハウ

  17. 令和2年分年末調整の電子化 完全マニュアル

    令和2年分年末調整の電子化 完全マニュアル

  18. テレワーク ワンちゃんと

    コロナ禍でテレワークした場合の在宅勤務手当は、通勤手当同様非課税?

  19. その後の半沢直樹★10年後、半沢は頭取に?帝国航空は? 叫ぶ半沢

    その後の半沢直樹★10年後、半沢は頭取に?帝国航空は?

  20. 契約書に貼られた収入印紙

    究極の印紙税節税対策★誰も教えてくれない裏技

  21. 半沢直樹 部下を叱責する黒崎

    【半沢直樹】黒崎統括検査官はキャリアかノンキャリアか?元金融庁検査官がドラマの裏側を徹底解説

税理士の選び方

税理士を選ぶ方法って、昔ながらの口コミがやっぱり多いですね。他の士業と同じで、他と比較検討できませんから、口コミに頼るしかありません。
私は、税務調査官として数々の税理士と対面してきました。本当にいろんな先生がおられます。
突然怒り狂う人、「オレは国税局で〇〇課長まで務めたんや。あんたの上司もオレの部下やった」とカマしてくる人、税法をあまり知らない人…
でも、こういう変な税理士や頼りない税理士にも、ちゃんとお客さんがついている。
心の中で「こんな税理士に顧問してもらってかわいそうに」と呟いていました。
実際に税理士の仕事ぶりを何例も見ることができたという意味では、国税マンは税理士事情に詳しいと言えるでしょうね。
私なら、「相続税、特に土地の評価にとても詳しい税理士を知ってますよ」とか「いつ逮捕されるか分かりませんけど、不正に手を貸してくれる税理士を知ってますよ」とか教えてあげられます。
ちなみに、法人税で節税対策に強い税理士を紹介してほしい!税務調査対応をしっかりしてくれる税理士がいい!という方は、私は自分を推薦します。それ以外の「M&Aに詳しい税理士」とか「国際課税に詳しい税理士」とかがお望みであれば、これまたよく知っているので、ご紹介します。

税理士の報酬相場 安かろう悪かろう

最近では実力のない税理士が報酬の叩きあいを始めています。
目先しか見ない社長は、報酬が安い税理士を選ぶ。

例えば、年50万円を支払って、決算・申告はしてくれるけれど、何の提案もない税理士と、年100万円を支払うけれど、節税対策や金融機関対策、補助金のアドバイスをしてくれて、結果的に会社にキャッシュを残してくれる税理士がいるとしましょう。
どちらを選ぶが賢いですか?
会社を本気で大きくしたい、成長させたいと思うのなら、「総務、法務、税務」に金を惜しむな!ということです。
極端な例を挙げれば、GAFA(Google、Apple、Facebook、amazon)を見てくださいよ。「総務、法務、税務」にどれだけお金かけてると思いますか。徹底的にカスタマーに向き合い、他社との訴訟に備え、徹底的に節税する。だから、あれだけ成長したんです。

なぜ町の税理士が節税策を提示しないのか

節税策って、どんな税理士でも2つや3つ知っているでしょう。
けれど、あなたの顧問税理士は毎回「今月の利益はこうでした」と報告するばかりで、ろくな節税策を提案してくれない。
どうしてか分かりますか?
まずひとつ。
税理士の請求書に「月額顧問料」とか「決算料」とかは書いてあるけれど、「節税対策コンサルティング」とは書いていないですよね?
つまり、節税対策の提案は、してもしなくてもフィーは変わらない。それで税理士は積極的に節税提案をするでしょうか。
次に、挙げられる理由は税理士のリスク。節税策は税務署に否認されるリスクを背負う。仮に税務調査で指摘されれば、「誰がこのような指導をしたのか」と税務調査官から問われる。
チラッと税理士の方を見る社長。「おいおい。オレの責任?」と半泣きになる税理士。下手すると、社長から訴えられるリスクも負う。

節税策を知っていても、どこまでが税務調査で否認され、どこまでなら大丈夫なのか、そのさじ加減を知らない税理士だと、その節税策は使えないということになります。
税理士が、節税対策を売りにするということは、そのさじ加減に相当自信がないと、できることではありません