ご挨拶

ホームページにお越し頂きありがとうございます。
辻元税理士事務所所長の辻元英でございます。

無駄な税金を払いたくないという中小企業の社長を税務財務面からバックアップしております。

私は国税局の法人税担当の調査官として、あまり納税意識の高くない会社に飛び込みで調査する部隊のチーフを長らく務めておりました。身の危険を感じる中、社長に「脱税して余計な金を払うより、こうしたらうまく節税できますよ」とアドバイスすると、調査が終わるころには、「あんたが担当で良かった!」と、喜んで税金を払っていただきました。

こうした経験から、このスキルを税理士として経営者の皆さんのお役に立てようと思い至りました。
私にとって、節税対策のご提示は入口に過ぎません。本当の思いは、「税金についてしっかり考えていただきたい。そうすることで、税金の使われ方に興味をもっていただける。それが日本の国を良くすることに繋がる。」ということ。
そのお手伝いができることが、私は自分の社会的使命と考えております。

辻元税理士事務所は、お客様とのパートナーとして、「ともに考え、ともに歩んでゆく」を基本理念に掲げ、仕事をさせていただいております。
経営を支援し、問題解決の糸口を提案する事務所として、皆さんの抱えるお悩みに寄り添ったアドバイスを心がけて仕事をさせていただきます。

税理士プロフィール

大阪国税局OBの節税対策税理士
岡山大学法学部卒
1967年大阪生まれ、大阪在住

節税のノウハウや税務調査対策に苦慮する中小企業に、税務当局はどう見ているかという視点から顧問税理士として様々なコンサルティングを行っている。

20代で国税局での税務調査部隊で頭角を現し、30代半ばで金融庁の検査官に抜擢。
金融庁在職時には、週刊ダイヤモンドで「メガバンクを追い詰めるスゴ腕検査官」として取り上げられるなど活躍するも、諸事情で大阪に戻ったことを契機に地方の税務署勤務に。
その後、特別調査班という特殊部隊のチーフや若手国税調査官の先生を務めるなどの実績が認められ、統括国税調査官に昇格。国税局退職後、とある税理士法人からの誘いで税理士として着任するも、企業を守るという思いの無さに失望し、すぐに退職。
自ら税理士事務所を立ち上げ、現在に至る。

無駄な税金を払いたくない企業に節税対策をアドバイスし、クライアント企業から絶大な支持を得ている。
税務調査対応では、税務当局の主張の矛盾点・弱点を巧みに突く手法で、減額交渉成功率100%を継続中である。中小企業の社長から「税理士によって、税務調査の結果はこうも違うのか!」と驚きと喜びの声が多数寄せられている。

若手調査官に対する調査法研修

先生の選び方2021年evangelistバナー③-2
代表税理士のインタビュー記事が掲載されています

趣味

トライアスロン………数年前までカナヅチだったが、猛練習で克服。現在、IRONMAN70.3などミドルと呼ばれる距離(SWIM2㎞、BIKE90㎞、RUN21㎞)まで完走している。
マラソン………ベルリン、シカゴ、ニューヨーク、香港など世界中のマラソンに挑戦

ベルリンマラソンで日本国旗を持って走る

World Marathon Majorsと呼ばれる6つのマラソンを全てを完走することを目標に掲げ、残るレースはあと3つとなっている。

事務所へのアクセス

所在地:大阪市北区豊崎3ー17ー3ミモサ中津605
大阪メトロ御堂筋線・中津駅4番出口から徒歩2分。ピアスタワー北側
中津駅4番出口を左に出てすぐのFamily Martを超え、アサウラコーヒーの手前のビル「ミモサ中津」の605号室です。
阪急梅田駅茶屋町口から徒歩7分

人気記事はこちら